【Windows】マウス ポインターの色とサイズを変更

Windows

昨今、日常的にテレワークを行う人が増えました。
リモートミーティングで画面共有をする機会も多いと思います。
初期設定の マウス ポインターは小さくて目立たず、どこを指しているのかわからないこともあるでしょう。
そんな時はマウス ポインターの設定を変更してみましょう。

マウス ポインターとは?

↓の矢印を「マウス ポインター」と呼びます。「カーソル」とか「ポインタ」とか呼ばれることもありますが、正式には「マウス ポインター」のようです。

マウス ポインターの色とサイズを変更しよう

左下の検索窓に「ポインター」と入力すると、「マウス ポインターのサイズを変更する」が出てくるのでクリックします。

設定画面が開くので、お好みのサイズ、色に変更してみてください。


リモートミーティングでオススメの色

基本的にはお好みの色でいいと思いますが、リモートミーティングではマウス ポインターを目立たせる事が重要となるので、以下を考慮すると良いかもしれません。

進出色を選ぶ

色には近くにあるように見える「進出色」と、遠くにあるように見える「後退色」というものがあります。

進出色・・・オレンジや赤など
後退色・・・青や紫など

私はオレンジ色を使うことが多いです。

補色を選ぶ

補色とは、色相環で対極にある色を指します。
例えば緑色がベースの資料を説明するときにはピンク、青色がベースの資料を説明するときには黄色のマウス ポインターにすることで、より目立たせることができます。

正確な補色は以下のサイトで確認することができます。資料作り等にお役立てください。
https://setools.tokyo/CheckComplementaryColors

さいごに

いかがでしたでしょうか。簡単な設定1つでリモートミーティングの印象は大きく変わります。
是非、次回のミーティングで取り入れて頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました